研究室メンバー紹介

遠藤 真央香

<所属>

慶應義塾大学大学院 理工学研究科総合デザイン工学専攻 修士1年

<研究グループ>

脳波

<研究テーマ>

生体信号を用いた幸福の定義と検証

<査読付国際研究集会論文集>

<国内学会発表>

1.木田茉由子, 遠藤真央香,満倉靖恵:「脳波を用いた心地良い環境の検出」, 知能メカトロニクスワークショップ, 東京 ,2015年7月.

2.遠藤真央香, 満倉靖恵:「近赤外分光法を用いた摂食により誘発される幸福感の可視化」,知覚情報研究会, pp.1-4, 神奈川, 2016年10月.

<その他の国際会議発表>

1. Maoka Endo, Suguru Kanoga, and Yasue Mitsukura, “Visualization of Brain Functional Activities on the Feeling Happiness using Near Infrared Spectroscopy”, 2016 International Workshop on Computer Vision and Signal Processing (CVSP'16), Xi'an, China, April 25, 2016.

2. Maoka Endo, Suguru Kanoga, and Yasue Mitsukura, “Visualization of Happiness Elicited Taking a Food Using Near Infra-red Spectroscopy”, The 8th 2016 International Conference on Information Technology and Electrical Engineering (ICITEE16), Yogyakarta, Indonesia, October 5-6, 2016.

2. Maoka Endo and Yasue Mitsukura, “Identification of Functional Activities in the Brain when Hearing Unpleasant Sounds using Near Infra-Red Spectroscopy”, The 1st International Symposium on Applied Abstraction and Integrated Design, Yokohama, Japan, March 9-10, 2017.

<学位論文>

学位(学士)論文:「幸福の指標構築に向けた脳内血中酸素濃度変動による脳機能活性度合いの可視化」, 慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科, 2016年2月.