研究室メンバー紹介

野村 知美

<所属>

慶應義塾大学 理工学研究科 総合デザイン工学専攻 後期博士課程1年

<研究グループ>

生体信号

<研究テーマ>

脳波

<公刊学術論文>

1. T, Nomura and Y, Mitsukura,"Evaluation Approach for Web Form Usability", Journal of Signal Processing, Vol.18, No.4, pp. 193-196 (2014.7).

2. 野村知美, 満倉靖恵:「脳波を用いた嗜好品によるストレス軽減効果の解析」, Journal of Aroma Science Technology and Safety AROMA RESEARCH, Vol.15, No.1, pp. 52-56 (2014.2).

<査読付国際研究集会論文集>

1. T, Nomura and Y, Mitsukura, "Evaluation for Impressions of Picture Books", 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2015), pp. 94-97, Kuala Lumpur, Malaysia (2015.2).

2. T, Nomura and Y, Mitsukura, "Evaluation Approach for Web Form Usability", 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2014), pp. 578-581, Hawaii, USA (2014.3).

3. T, Nomura and Y, Mitsukura, "EEG-based Evaluation Method for Relaxing Effect", SICE Annual Conference 2013, pp. 2131-2135, Aichi, Japan (2013.9).

<国内学会発表>

1. 野村知美, 満倉靖恵:「ウェブ申し込みフォームにおけるユーザビリティ評価の解析手法(Detection Methods for Web Form Usability)」, 知覚情報研究会, pp. 99-104, 神奈川 (2014.9).

2. 野村知美, 満倉靖恵:「脳波を用いたストレス軽減効果の解析」, 第23回インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2013), pp. 249-252, 福岡 (2013.9).

3. 野村知美, 満倉靖恵:「脳波を用いたリラックス効果の解析」, 情報処理・次世代産業システム合同研究会, pp. 25-29, 徳島 (2013.3).

<学位論文>

1.修士論文:「ウェブ申し込みフォームのユーザビリティ評価手法の提案」, 慶應義塾大学大学院理工学研究科 総合デザイン工学専攻 (2014.8).

<受賞>

1.NSCP'14 Student Paper Award, 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2014), 2014.3.