研究室メンバー紹介

奥住 絵里

<所属>

慶應義塾大学大学院 理工学研究科 総合デザイン工学専攻 修士2年

<研究グループ>

脳波

<研究テーマ>

<査読付国際研究集会論文集>

<国内学会発表>

1. E. Okuzumi and Y. Mitsukura, "A Design of the Preference Acquisition Detection System using the EEG", 電気学会C部門大会,pp.1670-1671, 長崎, 2015年8月.

2.奥住絵里, 満倉靖恵:「脳波による女性のストレス検出」,電気学会C部門大会,pp.539-541, 長崎, 2015年8月.

3.奥住絵里, 満倉靖恵:「脳波を用いた女性の体のバイオリズムおよび不具合の検出」,瀬戸内信号処理研究会, 香川, 2015年9月.

4.奥住絵里, 満倉靖恵:「簡易脳波計を用いた女性のバイオリズム検出サービスの提案 (Suggestion of female biorhythm's detection service using a simple Electroencephalogram device.)」, サービス学会, 兵庫,2016年3月.

5.奥住絵里, 満倉靖恵:「簡易脳波計を用いた脳波による月経周期に伴うホルモン濃度変動の時系列解析」,知覚情報研究会, pp.5-10, 神奈川, 2016年10月.

<その他の国際会議発表>

1. E. Okuzumi and Y. Mitsukura, "A Design of the Preference Acquisition Detection System using the EEG", the 22nd Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2016), Takayama, Japan, February 19, 2016.

2. E. Okuzumi and Y. Mitsukura, "Detection of Luteal Phase in Menstrual Cycle from Changing Sensitivity using Simple Electroencephalogram Device", 2016 International Workshop on Computer Vision and Signal Processing (CVSP'16), Xi'an, China, April 25, 2016.

3. E. Okuzumi and Y. Mitsukura, "Time series analysis of electroencephalogram signal using simple EEG device and fluctuation of hormone levels with a menstrual cycle", 7th World Congress on Women's MentalHealth Dublin 2017 (WCWMH2017), Dublin, Ireland, March 8, 2017.

<受賞>

<学位論文>

学位(学士)論文:「感性変動の検出による女性の月経周期における黄体期の識別」,慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科,2016年2月.